ページの本文へ

Hitachi

日立トリプルウィン株式会社国民年金のご案内

免除・納付猶予の制度をご存知ですか?

20歳になったときから、日本国内在住のすべての人は、毎月、国民年金の保険料の納付が義務付けられています。しかし、所得が少ない、失業した、学生なので収入が少ないなど、保険料を納めることが難しい場合には、申請をすると、保険料の納付が免除されたり、納付が猶予されたりする制度があります。

学生の方→学生納付特例制度を利用できます!。学生以外の方:納付が困難な場合→保険料免除制度を利用できます!、納付を猶予してほしい場合→保険料納付猶予制度を利用できます!

学生の方→学生納付特例制度を利用できます!。学生以外の方:納付が困難な場合→保険料免除制度を利用できます!、納付を猶予してほしい場合→保険料納付猶予制度を利用できます!

免除・納付猶予制度の表
学生納付特例制度 本人の所得が一定以下の学生の在学中の保険料の納付が猶予されます。

申請要

保険料免除制度 本人、配偶者、世帯主それぞれの所得が一定額以下で、経済的に保険料の納付が困難な場合、保険料の納付が免除されます。免除される額は、全額、4分の3、半額、4分の1の四種類で、所得によって異なります。

申請要

保険料納付猶予制度 50歳未満の方で、本人、配偶者それぞれの所得が一定額以下の場合、保険料の納付が猶予されます。

申請要

 
平成28年6月以前の期間は、30歳未満であった期間が対象となります。

所得ってどのくらいなんだろう。
わたしも対象になるかにゃ?

所得については基準となる計算式にあてはめて自分で計算できるわよ。
不安なときは、問い合わせてみて!

制度利用のメリット

制度を利用することで、保険料の納付の免除や猶予されることはもちろん、このほかにも未納のままでいるよりお得なメリットがあります。

メリット1:制度利用期間も年金の受給資格期間としてカウントされます!

受給資格期間って何かしら?

将来、年金を受け取るためには、保険料納付済期間と国民年金の保険料免除期間などを合算した資格期間が原則として10年以上必要です。これを「年金の受給資格期間」といいます。未納の場合、年金を納付していない状態ですから、その期間は「受給資格期間」としてはカウントされません。

しかし、これらの制度申請をおこない適用されれば、保険料の免除、猶予をしていたとしても、その期間も「受給資格期間」としてカウントされるのです。

免除や猶予の申請は大切よね!

メリット2:保険料の免除期間分も年金を受給できます!

免除してもらうのはうれしいけど。
その分年金はもらえないのかしら?

(※受給額は免除の種類によって異なります)

保険料免除制度を適用している場合は、免除期間中の分も、国が皆さんの代わりに保険料を納付しますので(国庫負担)、年金の受け取りができます。
たとえば、全額免除の場合は、通常の納付をしているときの1/2を受け取れます。

学生納付特例や保険料納付猶予は、納付を猶予している状態ですので年金額には反映されませんが、納付できるようになったら、さかのぼって納付する「追納」ができます。
追納すると、その分は「納付」期間として取扱われますので、年金の受給額を満額に近づけることができます。
なお、10年以内であれば追納できます。

大学を卒業してから追納すればいいにゃ!

メリット3:障害基礎年金・遺族基礎年金も受給できます!

(※一定の受給要件があります)

国民年金に加入している間にけがや病気により障害や死亡といった不慮の事態が発生した場合、障害基礎年金や遺族基礎年金を受給できますが、保険料が未納であると、これらの年金を受け取ることができません。
免除や猶予を申請して適用されれば、保険料の全額を納付していなかったとしても、その期間も「受給資格期間」としてカウントされるのです。

まとめ

現金納付・クレジットカードによる前納の表
受給できる年金 老齢基礎年金 障害基礎年金
遺族基礎年金
受給資格期間への算入 年金額への反映 受給資格期間への算入
保険料の納付
未納 × × ×
保険料
免除制度
全額免除 算入される ※2 算入される
一部納付(4分の3免除、半額免除、4分の1免除)
※1
算入される ※2 算入される
保険料納付猶予制度
学生納付特例制度
算入される ×※3 算入される
納付 算入される 満額 算入される
※1
一部納付の承認を受けている期間については、一部納付の保険料を納付していることが必要です。
※2
全額免除の場合は1/2が国庫負担で給付されます。一部納付の場合、免除の種類によって 5/8~7/8が給付されます。
※3
猶予のままでは年金額には反映されませんが、追納すると満額に近づけることができます。

「もしも」の備えは大切ね!

お問い合わせ窓口

日立トリプルウィン株式会社 コールセンター

専用ナビダイヤル:0570-012060

受付時間:平日9:00~20:00、土日祝日9:00~19:00(※ゴールデンウィーク、盆、年末年始は除く。)

お客様との通話内容(お客様からお受けする電話、当社からおかけする電話のいずれの場合も含みます)は、お客様へのサービス向上と品質管理のために録音させていただいております。あらかじめご了承ください。